三河港がシンボル|昔ながらの良さを引き継いでいる工務店を有効活用するために
つみき

昔ながらの良さを引き継いでいる工務店を有効活用するために

三河港がシンボル

空き部屋

都市化が進んでいる

愛知県で5番目に大きい都市の豊橋市は三河港などによって栄えている都市です。自動車産業が盛んである事からその自動車製品を国内や海外に輸送するために利用されているのが三河港です。市の南部は三河港を含めて海沿いの地域になっています。鉄道や国道、新幹線など交通の便が良く、愛知県の中心都市である名古屋市にも通える範囲であることから豊橋市に新築物件を購入する人も数多くいます。もちろん豊橋市内に通勤や通学する場合のほうが多いのですが、名古屋などの大都市に通っている人も少なくないのです。既に豊橋市は都市化が進んでおり、北部の農村地区の一部を除き、商業地域や住宅地域になっています。新しい分譲新築を販売するエリアなどは数少なくなってます。

騒音公害に注意

新築物件を購入する場合、気を付けなければならないのが立地です。都市にありがちなのが騒音公害などです。国道や高速道路に近い場所、新幹線や鉄道の沿線は利便性が高いエリアなのですが、騒音が大きく、特に夜間にそれをストレスに感じる場合があります。そのため閑静な住宅街を希望するのであれば、利便性を少し犠牲にするなどの工夫が必要になります。最近の新築住宅は気密性に優れていることが多いため、多少の騒音にも対応することができるようになっていますが、窓を開ける機会は当然ありますので、周囲の環境には注意しておくことが必要になります。また河川の近くなどは、災害の影響を受けることもありますので、洪水などの影響や堤防の状況などを確認しておく必要があります。