土地や会社の特性を知る|昔ながらの良さを引き継いでいる工務店を有効活用するために
つみき

昔ながらの良さを引き継いでいる工務店を有効活用するために

土地や会社の特性を知る

間取り

会社による自由度の幅

住宅に関する書籍も数多く発売されていたりメディアでも住宅建築に関する知識を紹介するケースも多々見られるようになりました。これは多くの人が住宅を建築する際に気を付けたいことを知りたい、満足のいく住宅建築を行いたいと考えているからではないでしょうか。実際に住宅建築のシーンでは注文住宅という言葉をよく耳にします。注文住宅とはその名の通り建築主の希望を取り入れて住宅を設計する建築方式です。しかし注文住宅を請け負っている会社や事務所からすると注文可能な幅というのは実にまちまちなのです。一般的に一から間取りや使用する材料を含めて設計できることが多いのが設計事務所です。一方で大手ハウスメーカーのいう注文住宅とは規格や使用する材料などは指定されています。その上で間取りを自由に組み合わせたりキッチンメーカーなどを複数の選択肢から選べることが多いです。

どんな特徴に注意すべきか

阪神淡路大震災で大きな被害が出た神戸市が兵庫県に位置し、この震災では住宅が密集していたことで多くの火災が発生しました。この震災をきっかけに兵庫県では火災に対してしっかりと備えたいと考える人も多いのです。火災から住宅を守るために自分の家の防火対策に力を入れたいという人にとって注文住宅という建築方法は心強い建築方法なのです。兵庫県内には昔からの住宅街も多くこうした地域では道路の幅員も狭いところが多いです。こうしたところでは建物の本体価格以外にも小運搬費など追加の費用も掛かってきます。小運搬費とは本来大きい車一台で運べるはずの物が大きい車が通れる道幅がなく小さい車で小分けで運ぶためにかかる費用です。兵庫県では地盤沈下がたびたび報告されるなど地盤を補強する費用も追加で掛かってくるケースもあります。この費用は削ることが出来ないので土地を探す際に周辺の地盤にも関心をもって購入することも必要になります。